貴金属をメルカリで売る方法を大公開

メルカリでの貴金属の売却

最近ではオークションサイトで貴金属を売買する人が増えてきました。
昔はヤフーや楽天といったところが主流でしたが、最近ではメルカリなど新たなサイトが登場し、活況を見せています。

 

ではメルカリなどのサイトで貴金属を売却した場合、通常の店舗とどのような違いがあるのでしょうか。

 

こちらではメルカリと実際の店舗との比較をご紹介するとともに、
貴金属をメルカリで売却する際のコツをご紹介していきます。

 

メルカリで貴金属を売る方法

 

メルカリで貴金属を売る場合、以下の流れで行います。

 

1.メルカリのアプリをダウンロード
スマホでアプリ検索して、ダウンロードしましょう。
スマホがない方はパソコンからでもOKです。
https://www.mercari.com/jp/

 

2.アカウントを登録
メールアドレスのほか、電話番号が必要になります。

 

3.アカウントにログインする

 

4.貴金属を出品する-写真撮影
貴金属の画像を撮影しましょう。
スマホのアプリを使えば、メルカリ内でカメラが起動するのでその場で撮影ができます。写真は1つの売り物に対して最大4枚掲載できます。
なるべく高い値段で買ってもらうには、写真画像も大切な要素です。
まずは正面から商品だけを撮影したもの、2枚目は大きさがわかるようにほかの物と貴金属を撮影したもの、3枚目は付属品、4枚目は化粧箱に入れられている写真が理想的です。

 

5.貴金属を出品する-商品名や商品の説明文を入れます
貴金属なので、種類、重さや刻印がある場合は刻印もしっかりと入れておきます。
メルカリでの取引の場合、貴金属を手に取って見られるわけではないので、商品に関する情報をなるべくたくさん入力しておいて、買い手となる方が判断できるようにしておくと親切です。他のユーザーが売っているところを見ればわかりますが、意外と説明文が丁寧に書かれているケースが少ないんですね。だから丁寧に書いておけば親切な印象を受けます。
高く売りたい方はこういったところに手間をかけると良いでしょう。

 

6.商品のカテゴリーやブランド、状態などを入力

 

7.配送方法を入力
着払いの場合は購入者が送料を負担する形、送料込みは出品者が送料を負担する形です。細かくこだわる必要はありませんが、送料込みの方が、比較的商品が売れやすいようですね。

 

8.価格を入力
メルカリ内で同じような商品がどれくらい売れているかや、貴金属の取引相場などを調べておき、妥当な金額を入力します。
あまり高すぎる値段設定だとなかなか売れませんが、相場より安いとすぐに売れてしまいます。
メルカリはすぐ売れていく、という特徴があるので、価格設定は慎重に行いましょう。

 

ちなみに商品が売れた場合、10%の手数料がかかります。
5万円で売れたら5千円が手数料としてメルカリに引かれる形です。

 

9.出品する ボタンを押す

 

これで出品完了です。
出品された商品は「出品した商品」から確認でき、こちらから価格の変更や説明文の変更などが行えます。

 

商品が売れたら?

 

商品が売れるとアプリに通知が来ます。
登録しているメールアドレスにも商品が売れたというメッセージがきます。

 

なかなか売れない場合は、価格がネックになっているか商品そのものについて、人気がないという可能性があります。
そういった場合は価格等を調整して再出品しましょう。

 

商品が売れ購入者の入金が終わったら、購入者に入札のお礼を兼ねた挨拶のメッセージを送ります。
その後、入力している商品発送方法に基づいて商品を梱包し、発送しましょう。

 

発送方法

 

メルカリの指示に従って入力していくと、バーコードが出てきますので、これを持ってヤマト運輸のサービス「らくらくメルカリ便」を利用しましょう。
※ヤマト運輸の営業所には「ネコピット」という端末が置いてあります。これにバーコードを読ませるだけであて名書きが不要になります。

 

ちなみに貴金属の場合、レターパックやクリックポストなどでは送ることができません。
日本郵政では貴金属や宝石など書留以外での方法では送ることができないとしているからです。

 

発送が終わったら購入した方に発送完了のメッセージを送りましょう。
発送方法、配達予定日を記載すると親切です。

 

入金されたお金の振込申請

 

メルカリでは商品が売れた場合の代金は、
「振込申請」と言う手続きを行わないと現金が受け取れない仕組みになっています。

 

振込申請を忘れ1年が経過した場合、売上が無効になってしまうので注意が必要です。
振込申請は1万円以下の場合、手数料が210円かかるので覚えておくと良いかもしれません。

 

まとめ

 

ここまでメルカリでの貴金属の売り方を見てきました。
このようなサイトに共通する事ですが、成約した時にどうしても手数料が発生します。

 

10%近い手数料を支払った場合、通常の店舗で売却したほうが買取価格が高くなるケースもゼロではありません。

 

そうした点に注意しながら、ネットと店舗の使い分けをしていくと、損しないで済むかもしれませんね。

page top